郊外のエリアで土地探しをするメリット

費用を大幅に軽減することができる

日本では土地の値段は利便性に比例する形で高騰する仕組みとなっているため、公共交通機関の選択肢が豊富で最寄り駅までの時間が短くて済む都心は必然的に高くなってしまいます。それに対して、電車やバスを始めとした移動手段の選択肢が少なく、駅までの所要時間が長くなってしまいがちな郊外は比較的値段が安めに設定されているのが特徴です。地域によって若干の違いはありますが、郊外では駅までの所要時間に1分差が出るごとに土地の価格が数万円下がると言われています。少しでも費用を抑えて土地を購入したいと考えている人にとって、この点は大きなメリットです。費用が安くなればそれだけ余裕を持って購入ができるため、広々とした庭を設けたり家自体を大きくすることができます。

購入した土地を投資目的で運用する場合に重要となるのが資産価値です。都心に比べて郊外は年月の経過に伴って資産価値が下がる傾向にあると思われがちですが、必ずしもそうなるとは限りません。子育てがしやすい、喧騒を離れて老後を静かに暮らせるといったプラスのイメージがある地域であれば、資産価値を維持し続けることが可能です。郊外での土地の購入は初期費用を抑えて資産運用をする上でもメリットがあります。

日常生活の利便性が高く安心して暮らせる

一昔前であれば、都心は生活がしやすく郊外はお店の数も少なく生活が不便というイメージを持たれがちでしたが、時代の移り変わりの中で状況が変わっています。その理由の一つが空き地の有効活用を開発です。近年需要が増加傾向にあるショッピングモールと呼ばれる大型の複合施設はある程度の広さの土地がなければ建てることはできません。そのため、都心エリアでの建設が難しく、郊外の使われていない土地を有効活用され始めています。その結果、郊外に住んでいても日常生活に不便を感じることなく快適な生活を送ることができるのです。 子育てのしやすさも郊外ならではのメリットの一つに挙げられます。土地が安い郊外では費用を抑えて広い土地を購入することができるため、子供部屋はもちろん、自宅の敷地内に子供が遊べるだけのスペースを確保することも容易です。都心に比べて1日を通して車の交通量も少ないことで安全に登下校ができます。そのほか、都心エリアで深刻な問題となりつつある待機児童の問題も子供の絶対数が少ない郊外では影響を受けることがありません。このように、郊外での土地選びには自然に囲まれた穏やかな環境の中で子供を育てられるというメリットもあります。