矯正歯科で行う歯列矯正は歯並びを美しくしたり噛み合わせを改善したりするのに効果的かつ最適な治療法だといえます。
多くの症例に適用できるスタンダードな矯正方法としてよく知られる表側矯正(ラビアル矯正)という歯列矯正があります。
ブラケットと呼ばれる小さなボタンのような矯正器具を白い歯の表側に取り付けてそのブラケットにワイヤーをかけて矯正治療を行います。
話をしたり笑ったりした際に矯正器具が目立ってしまい外見上あまり良くないという治療中の見た目に関する問題がこれまで指摘されてきました。
特に、人と接することが多い接客業や営業の方の中には、見た目の問題から治療を受けることを諦めてしまっている方もいるのではないでしょうか。
東京や埼玉などで仕事をする方にとっては人と接する機会が他の地域に比べて格段と高いはずです。

しかし、近年では、目立ちにくい矯正法も登場しており多くの矯正歯科で見た目に配慮した矯正に取り組んでいるので、外見を気にすることなく治療を受けることも可能になっています。
目立ちにくい矯正としては、まず、裏側矯正(リンガル矯正)があげられます。
裏側矯正では、歯に取り付けたブラケットにワイヤーをかけて矯正を行う点や多くの症例に対応しやすい点は表側矯正と変わる点はありません。
表側矯正で歯の表側に取り付けていたブラケットやワイヤーを歯の裏側に取り付ける点が最大の特徴だといえます。
ブラケットもワイヤーも歯の裏側に取り付けるため話したり笑ったりして口を開いた時でも他の人からは見えにくく、裏側矯正は目立ない矯正法の中でも特に人に知られにくいとされています。

埼玉県八潮市の矯正歯科に行くと思い通りの歯並びすることが可能です。
東京からも通院できるので仕事終わりにこっそりと通い、治していくことができます。

ブラケットやワイヤーといった矯正器具を用いるのではなく、マウスピースを用いて行う矯正もまた目立ちにくい矯正法として注目されています。
マウスピースは透明なものが採用されるため装着していても他人から気づかれにくく、取り外しも可能で、仕事の都合で外したい時や食事の時などに手軽に外すことができるという特徴があります。
マウスピースを用いた矯正法は少しずつ歯を動かしていくため歯を大きく動かす必要のない方により適した治療法となっています。
また、マウスピースを用いた矯正法にはクリアアライナーやインビザラインなどいくつか種類があります。
クリアアライナーでは歯が動くステップごとに歯型をとってマウスピースを作製する必要があります。
対して、インビザラインでは治療開始時に正確な歯型をとることで治療完了までに必要なマウスピースすべてをコンピューターシミュレーションによって作製できるので一度歯型をとるだけで済む点が異なっています。
そのため、特にインビザラインは、目立たないだけでなく患者さんの負担も少ない矯正法ともいえます。