歯医者さんで行われる治療内容は年々複雑になってきています。
そのため、現在では複数のスタッフが在籍して、分業体制が敷かれることも多くなってきました。

歯医者さんで働いている人のなかには、歯科医師のほかに歯科衛生士や歯科技工士、歯科助手などがいます。
こうした人たちのチームワークが上手く機能することによって、より高度な治療が実現できるのです。
また、患者さんの症状によっては、院内だけでなく他院との連携が必要になってくることもあります。

歯科医師になるためには、大学の歯学部に入学して6年間学んだ後、国家試験に合格しなくてはいけません。
さらに、現在では国家資格の取得後に1年以上の臨床研修を受けることが義務付けられています。

歯医者さんになるためには、ただ虫歯を治すだけでなく、歯の矯正や歯周疾患の治療といった様々なことを学ぶ必要があります。
そのため、しっかりとした治療技術を身に付けて独立開業に至るまでには、何年もの下積みが必要になってくるのです。

歯医者さんで歯科医師がする仕事は、実際に患者さんと向き合って治療を行うことです。
しかし、チーム医療をする場合には、それだけでは成り立ちません。
スタッフを多く抱えている歯医者さんであれば、一人一人のメンバーと綿密に連携していくことが欠かせないのです。

歯科医師として活躍していくためには、技術力だけでなくコミュニケーション能力やリーダーシップなども必要となってきます。
例えば、歯科衛生士の仕事内容は歯科医師の補助をすることです。
また、医師の指示を受けて治療の一部を担当することもあります。
歯科衛生士が歯型を取ったり、口のなかの清掃をする場合には、歯科医師が適切な指示を出さなくてはいけません。

歯医者さんには、義歯や詰め物、被せ物などを作る歯科技工士が在籍していることもあります。
これらの物を作成したり修理するためには、高度な精密技術が必要とされるため、患者さんについての情報共有も欠かせません。
歯科医師は、こういった情報の管理も行わなくてはいけないわけです。

そのため、歯医者さんを受診する際には、ただ治療費や評判を参考にするだけでなく、担当してくれる歯科医師との相性も大切にしたほうが良いでしょう。
何でも相談に乗ってくれ、適切なリーダーシップを発揮してくれる歯医者さんであれば、治療もそれだけスムーズに進みます。

現在では、資格取得後しばらくは勤務医として働き、30代ごろから独立するという歯科医師が多くなっています。
院長先生となって歯医者さんを開業する場合、歯科医師はリーダーとなり、多くのスタッフをまとめ上げなくてはいけません。
雇われている一人一人の力が結束することによって、質の高い歯科治療が実現できるのです。

★理想の歯医者に出会いませんか?
東京都江東区の歯医者は質の高い歯科治療を実現してくれます。